八王子・日野・立川で登記業務,相続,債務整理,自己破産,過払い,会社設立など司法書士をお捜しならどんな事でもご相談ください。
司法書士 司法書士法人山口事務所
トップページ 弁護士との違い 報酬一覧 事務所案内 お問い合わせの前に お問い合わせ
会社の登記・企業法務
 
無料相談会実施中
個人法務メニュー
内容証明・債権の保全・裁判業務メニュー
不動産法務・登記メニュー
会社設立・起業支援メニュー
会社の登記・企業法務
社団法人・財団法人,NPO法人について
不動産業者さまへ
銀行,信託銀行さまへ
会計士・税理士事務所さまへ
高齢者福祉施設さまへ
自動車販売店さまへ
求人情報
セミナー講習会のお知らせ
インタビュー動画
携帯サイトQRコード
 
 

ABLのメリット・デメリット

ABLを利用して資金調達をするには以下のようなメリット・デメリットがあります。

メリット

①資金調達方法の増大
これまでは、会社が金融機関などから借入する際、会社や社長など個人の不動産に担保権を設定したり、社長などが保証人となるケースが多かったのですが、新たに在庫などの動産や売掛金といった債権を担保に融資を受けられます。

②資金確保がしやすい
会社に不動産がなかったり、あっても担保価値が乏しい場合や、適当な保証人がいない場合に、在庫や売掛金を担保とすることで、資金の借入が可能となります。ベンチャー企業など、まだ資産の乏しい企業にとっては、例え不動産担保の融資は難しくとも、売上が増えて在庫も増えれば、その在庫をさらに担保にしてABLによる融資を受けられる可能性が増えます。

③資金調達枠の拡大
不動産の担保や個人保証に限界がきていて、融資が受けられない企業にとっては、在庫や売掛金を担保とすることで、融資枠を拡大してもらい、さらなる資金調達が可能になります。

デメリット

①事務処理
ABLを利用して資金調達をする場合、借主である企業には、金融機関に対して担保提供している売掛金や在庫の内容を定期的に報告する義務が課せられます。銀行からの要求にタイムリーに応じるためには、正確な社内の管理体制を整備しておく必要がありますので、事務処理の手間が増えることが考えられます。

②信用力
ABLはまだまだ一般的にはあまり知られていない融資方法です。そのため、ABLによる融資を受けていることが対外的に明らかになると、「担保提供するだけの会社資産(不動産)もなく、あの会社は危ないんではないか?」というような誤った認識を持たれることがあるかもしれません。

 
【関連ページ】 ABLについて ABLのメリットとデメリット
ABLの活用場面 ABLの主な業務と費用 Q&A
トピックス    
 
お問い合わせ お気軽にお問い合わせください。


相続・遺言 | 債務整理 | 成年後見 | 高齢者・障害者の方の財産管理 | 各種契約書作成 | 内容証明 | 債権回収 |
不動産登記 |(根)抵当権抹消等 | 会社設立 | 許認可申請 |
 
Copyright (C) 2011 司法書士法人山口事務所. All Rights Reserved.
法律事務所(弁護士)・司法書士のホームページ制作