八王子・日野・立川で登記業務,相続,債務整理,自己破産,過払い,会社設立など司法書士をお捜しならどんな事でもご相談ください。
司法書士 司法書士法人山口事務所
トップページ 弁護士との違い 報酬一覧 事務所案内 お問い合わせの前に お問い合わせ
不動産法務・登記
 
無料相談会実施中
個人法務メニュー
内容証明・債権の保全・裁判業務メニュー
不動産法務・登記メニュー
会社設立・起業支援メニュー
会社の登記・企業法務
社団法人・財団法人,NPO法人について
不動産業者さまへ
銀行,信託銀行さまへ
会計士・税理士事務所さまへ
高齢者福祉施設さまへ
自動車販売店さまへ
求人情報
セミナー講習会のお知らせ
インタビュー動画
携帯サイトQRコード
 
 

任意売却後の残債務の対応

前述しましたとおり、任意売却により不動産を処分しても、住宅ローン等の債務が残ることがほとんどですが、本当に問題なのはここからです。任意売却を通じて生活を立て直すためには、上記残債務を含めた債務の整理がきちんとなされる必要があるのです。 つまり任意売却後の残債務への対応が一番の問題であって、任意売却はその債務整理の過程の一手段に過ぎません。

このように、任意売却後の債務整理まで視野に入れて任意売却手続を考える必要がありますので、当事務所では、任意売却手続きに入る前に任意売却後の債務整理についても合わせて打合せをさせていただき、債務整理の方針をある程度決めた上で任意売却手続に入ります。

なお、残債務の整理の方法には以下のような方法があります。
任意売却後の債務整理の方法
債務整理の内容
任意整理による債務整理 残債務の返済方法等について、債権者と交渉を行い、今後の返済計画について和解をします。
※なお、債務の額等、事案の状況によっては司法書士が交渉の代理を行えない場合がありますので、その場合には、提携の弁護士をご紹介いたします。
任意整理の詳細はこちら
民事再生による債務整理 裁判所を利用する債務整理の方法の1つですが、例えば残債務額が100万円から500万円未満であれば100万円に、500万円から1500万円未満であれば5分の1にと、一定の割合で債務が減額され、その減額された債務額を原則として3年(36回の分割)で支払うことになります。
ですので、仮に任意売却後の残債務額が1000万円だったとすると、この金額の5分の1の金額の200万円を36カ月の分割払いで負担するので、毎月5万6千円程度の36回払いで支払っていきます。任意整理での支払いは難しいが、破産もしたくないという方にはお薦めの債務整理方法です。
民事再生の詳細はこちら
自己破産による債務整理 これも裁判所を利用する債務整理の方法の1つで、破産をすることにより任意売却後の残債務について免責をうけるものです。破産をすると原則として、住宅ローンの残債務等の支払い義務は消滅します。
自己破産の詳細はこちら
 
【関連ページ】 任意売却の主な業務と手続の流れ 任意売却について
任意売却のメリットとデメリット 任意売却後の残債務の対応 任意売却の費用について
当事務所の心構え Q&A トピックス
 
 
お問い合わせ お気軽にお問い合わせください。


相続・遺言 | 債務整理 | 成年後見 | 高齢者・障害者の方の財産管理 | 各種契約書作成 | 内容証明 | 債権回収 |
不動産登記 |(根)抵当権抹消等 | 会社設立 | 許認可申請 |
 
Copyright (C) 2011 司法書士法人山口事務所. All Rights Reserved.
法律事務所(弁護士)・司法書士のホームページ制作