八王子・日野・立川で登記業務,相続,債務整理,自己破産,過払い,会社設立など司法書士をお捜しならどんな事でもご相談ください。
司法書士 司法書士法人山口事務所
トップページ 弁護士との違い 報酬一覧 事務所案内 お問い合わせの前に お問い合わせ
会社の登記・企業法務
 
無料相談会実施中
個人法務メニュー
内容証明・債権の保全・裁判業務メニュー
不動産法務・登記メニュー
会社設立・起業支援メニュー
会社の登記・企業法務
社団法人・財団法人,NPO法人について
不動産業者さまへ
銀行,信託銀行さまへ
会計士・税理士事務所さまへ
高齢者福祉施設さまへ
自動車販売店さまへ
求人情報
セミナー講習会のお知らせ
インタビュー動画
携帯サイトQRコード
 
 

定款の見直しついて

定款は会社の基本的なルールを定めた書面です。定款で特別な定めをすることで、様々な会社独自のルールを作ることができます。

平成18年に会社法が施行され、株式会社の中身を定款によりかなり自由に定めることができるようになりました。株式を公開していない株式会社(委員会設置会社を除く)は役員の任期を10年まで伸長することができますし、取締役会を廃止することもできます。
会社法施行前から定款を見直していないのであれば、ぜひ自分の会社に適したルールを定めるためにも定款の見直しをご検討ください。

また、会社法施行後に定款を作成、見直しした会社であっても、現状にあわせて定款を変更すべき場合もあります。お気軽にご相談ください。

定款の見直しに関する主な業務内容

1.取締役会に関する定め

取締役会は、定款で定めることにより設置することが出来ます。取締役会の設置を取りやめる場合には、定款の変更が必要となります。

2.取締役の員数

取締役会設置会社は、取締役を3人以上置く必要があります。ところが、取締役会を設置しない会社については、取締役の人数を1人以上にすることが出来ます。

3.任期の伸長

株式を公開していない株式会社(委員会設置会社を除く)は役員の任期を定款に定めることにより10年まで伸長することができます。

4.一般的な見直しのご相談

その他、現状に合わせ、定款の見直しが必要となる場合もあります。お気軽にご相談ください。
 
【関連ページ】 定款見直しに関する主な業務 定款見直しの手続の流れ
Q&A トピックス  
 
お問い合わせ お気軽にお問い合わせください。


相続・遺言 | 債務整理 | 成年後見 | 高齢者・障害者の方の財産管理 | 各種契約書作成 | 内容証明 | 債権回収 |
不動産登記 |(根)抵当権抹消等 | 会社設立 | 許認可申請 |
 
Copyright (C) 2011 司法書士法人山口事務所. All Rights Reserved.
法律事務所(弁護士)・司法書士のホームページ制作