八王子・日野・立川で登記業務,相続,債務整理,自己破産,過払いなど司法書士をお捜しならどんな事でもご相談ください。
司法書士 司法書士法人山口事務所
トップページ 弁護士との違い 報酬一覧 事務所案内 お問い合わせの前に お問い合わせ
個人法務
 
無料相談会実施中
個人法務メニュー
内容証明・債権の保全・裁判業務メニュー
不動産法務・登記メニュー
会社設立・起業支援メニュー
会社の登記・企業法務
社団法人・財団法人,NPO法人について
不動産業者さまへ
銀行,信託銀行さまへ
会計士・税理士事務所さまへ
高齢者福祉施設さまへ
自動車販売店さまへ
求人情報
セミナー講習会のお知らせ
インタビュー動画
携帯サイトQRコード
 
 

契約書作成に対する当事務所の心構え

民法上、原則として契約は当事者間の合意がありさえすれば有効に成立します。つまり、口頭(口約束)で合意に至れば、契約として完全な効力を生じるのです。

では、口約束だけでも成立するのになぜ、わざわざ契約書を作成するのでしょうか。それは、言うまでもなく、後のトラブルを避けるためです。口約束だけでは、当然後になって、「言った、言わない」といった問題が生じ得ます。そういった事態を避けるために契約成立時に契約書を作成しておくのが通常です。

しかし、当事務所にご相談に見える方が自ら作成したという契約書は、押し並べて穴だらけのものが多いのが実情です。そのような契約書では、権利の実現・保全が非常に難しくなってしまいます。契約書作成時に、法律家に依頼するという、幾ばくかの手間と費用を惜しんだために、後になってもっと大きなしっぺ返しを受けることになってしまったというケースを多数見てきました。トラブルになった時点で後悔しても後の祭りです。

このページをご覧になっていらっしゃる方の中には、実際、契約書の作成を専門家に依頼するかどうか迷われている方も多いのではないでしょうか。契約書によって保全される権利に比べれば、その作成にかかる手間と費用は微々たるものと言えます。

契約書作成で迷われている方は、是非当事務所にご相談下さい。契約の背景事情等の細部にまで考慮した、あなただけのフルオーダーメイドの契約書を作成し、ご自身の大切な権利をしっかりと保全しませんか。

 
【関連ページ】 契約書作成の主な業務 契約書作成について
契約書作成の流れ 契約所作作成の料金 当事務所の心構え
Q&A トピックス  
 
 
お問い合わせ お気軽にお問い合わせください。


相続・遺言 | 債務整理 | 成年後見 | 高齢者・障害者の方の財産管理 | 各種契約書作成 | 内容証明 | 債権回収 |
不動産登記 |(根)抵当権抹消等 | 会社設立 | 許認可申請 |
 
Copyright (C) 2011 司法書士法人山口事務所. All Rights Reserved.
法律事務所(弁護士)・司法書士のホームページ制作