八王子・日野・立川で登記業務,相続,債務整理,自己破産,過払いなど司法書士をお捜しならどんな事でもご相談ください。
司法書士 司法書士法人山口事務所
トップページ 弁護士との違い 報酬一覧 事務所案内 お問い合わせの前に お問い合わせ
個人法務
 
無料相談会実施中
個人法務メニュー
内容証明・債権の保全・裁判業務メニュー
不動産法務・登記メニュー
会社設立・起業支援メニュー
会社の登記・企業法務
社団法人・財団法人,NPO法人について
不動産業者さまへ
銀行,信託銀行さまへ
会計士・税理士事務所さまへ
高齢者福祉施設さまへ
自動車販売店さまへ
求人情報
セミナー講習会のお知らせ
インタビュー動画
携帯サイトQRコード
 
 

Q&A

Q1新会社法になって主に何が変わったのですか?
 
 
Q3会社設立の登記とは何ですか?
 
Q1新会社法になって主に何が変わったのですか?

A1.新会社法になり、設立に関して主に変わった点は、有限会社法が廃止され新たな有限会社を設立することができなくなった点、設立時に必要だった最低資本金制度を撤廃し、1円から会社を設立することができる点、取締役会を設置せずに取締役を1人として会社を設立することができるようになった点、取締役の任期を10年とすることができるようになった点、新たに会計参与という役員が設けられた点、旧商法で禁止されていた同一市町村内での類似商号制度が廃止された点などです。

Q2新会社法での会社設立の手続の概略は?

A2.発起設立の手続きを利用する場合に、まず、発起人が定款を作成し、公証人に定款の認証を受け、発起人が本店、取締役を定め(株式の全部に譲渡制限の規定を設けるときには取締役は1人でよい)、資本金の払込みが完了し、設立登記をすることによって会社を設立することができます。

Q3会社設立の登記とはなんですか?

A3.会社が法人格を得るためには、設立の登記をする必要があり、この設立の登記をすることによって会社は法人格を取得し、会社が成立します。従って、会社の設立登記は会社を成立させるための要件です。

 
 
 
 
 
 
 
【関連ページ】 会社設立の手続プラン 設立の標準プランとオプション
所定の定款とオーダー型定款 メリットとデメリット 会社設立の流れ
会社設立に対する心構え Q&A トピックス
 
お問い合わせ お気軽にお問い合わせください。


相続・遺言 | 債務整理 | 成年後見 | 高齢者・障害者の方の財産管理 | 各種契約書作成 | 内容証明 | 債権回収 |
不動産登記 |(根)抵当権抹消等 | 会社設立 | 許認可申請 |
 
Copyright (C) 2011 司法書士法人山口事務所. All Rights Reserved.
法律事務所(弁護士)・司法書士のホームページ制作