八王子・日野・立川で登記業務,相続,債務整理,自己破産,過払いなど司法書士をお捜しならどんな事でもご相談ください。
司法書士 司法書士法人山口事務所
トップページ 弁護士との違い 報酬一覧 事務所案内 お問い合わせの前に お問い合わせ
許認可申請
 
無料相談会実施中
個人法務メニュー
内容証明・債権の保全・裁判業務メニュー
不動産法務・登記メニュー
会社設立・起業支援メニュー
会社の登記・企業法務
社団法人・財団法人,NPO法人について
不動産業者さまへ
銀行,信託銀行さまへ
会計士・税理士事務所さまへ
高齢者福祉施設さまへ
自動車販売店さまへ
求人情報
セミナー講習会のお知らせ
インタビュー動画
携帯サイトQRコード
 
 

建設業許可のメリット・デメリット


建設業許可を受けた場合のメリット
①受注できる工事金額の制限がなくなる
建設業許可を取得しなくても軽微な工事であれば受注できますが、例えば一件の請負代金が500万円以上(建築一式工事なら1500万円以上)の工事は許可なく受注することはできません。
②社会的信用度が上がる
建設業許可を受けるためには、経営や技術経験、会社の財産的基盤等の裏付けが必要になりますので、許可を受けているということはこれらの要件をクリアしているということで、建設業許可業者の信頼性・信用度の向上につながります。
③融資を受けやすくなる
②とも関連しますが、やはり許可を受けている方が融資を受けやすくなるでしょう。金融機関や融資の種類によっては建設業許可が融資の条件となっている場合もあります。
④元請け業者からの受注が有利になる
下請け業者の場合、元請け業者から仕事を受注しやすくなります。最近、下請け業者が建設業許可を受けていないと仕事を発注しない元請け業者が多くなってきています。
⑤公共工事の入札に参加できるようになる
 官公庁の工事を入札するには建設業許可を受け、毎年経営事項調査を受けていることが必要です。

建設業許可を受けた場合のデメリット
①事業年度終了届(決算変更届)を毎年提出
毎年決算期後に事業年度終了届(決算変更届)を提出しなければなりません。
②会社役員や専任技術者の変更届をとの都度提出
営業所の所在地や会社役員、専任技術者に変更があった場合、その都度変更届を提出しなければなりません。
③許可の更新手続が必要
建設業許可の有効期間は5年間であり、5年ごとに更新手続が必要となりますので、手間と費用がかかります。
④申請内容を第三者が閲覧可能
許可申請の内容は原則として公開されます(第三者の自由な閲覧が可能になります。)。
 
【建設業許可関連】 建設業許可について 建設業許可のメリット,デメリット
建設業許可申請に必要な書類 建設業許可申請の流れ 建設業許可申請の料金
【宅地建物取引業免許】 宅建業免許について 宅建業免許申請に必要な書類
宅建業免許申請の流れ 宅建業免許申請の料金  
【飲食店営業許可】 飲食店営業許可について 飲食店営業許可の流れと必要書類
飲食店営業許可の料金    
【古物商許可】 古物商許可について 古物商許可の流れと必要書類
古物商許可の料金    
【各許認可共通】 許認可案内トップページ Q&A
トピックス    
 
 
 
お問い合わせ お気軽にお問い合わせください。


相続・遺言 | 債務整理 | 成年後見 | 高齢者・障害者の方の財産管理 | 各種契約書作成 | 内容証明 | 債権回収 |
不動産登記 |(根)抵当権抹消等 | 会社設立 | 許認可申請 |
 
Copyright (C) 2011 司法書士法人山口事務所. All Rights Reserved.
法律事務所(弁護士)・司法書士のホームページ制作