八王子・日野・立川で登記業務,相続,債務整理,自己破産,過払いなど司法書士をお捜しならどんな事でもご相談ください。
司法書士 司法書士法人山口事務所
トップページ 弁護士との違い 報酬一覧 事務所案内 お問い合わせの前に お問い合わせ
許認可申請
 
無料相談会実施中
個人法務メニュー
内容証明・債権の保全・裁判業務メニュー
不動産法務・登記メニュー
会社設立・起業支援メニュー
会社の登記・企業法務
社団法人・財団法人,NPO法人について
不動産業者さまへ
銀行,信託銀行さまへ
会計士・税理士事務所さまへ
高齢者福祉施設さまへ
自動車販売店さまへ
求人情報
セミナー講習会のお知らせ
インタビュー動画
携帯サイトQRコード
 
 

古物商許可

古物商許可とは


1.古物とは


①一度「使用」された物品
②使用されていない物品でも「使用」のために取引されたもの
③上記①もしくは②の物品に「幾分の手入れ」をしたもの
を言います。 

ここでいう「使用」とは、 その物の本来の目的にしたがってこれを「使う」事をいいます。また、「幾分の手入れ」とは、物の本来の性質、用途に変化を及ぼさない形で、修理等を行うことをいいます。
古物は、法令により以下の13品目に分類されています。
(1)美術品類 (2)衣類 (3)時計・宝飾品類  (4)自動車 (5)自動二輪車及び原動機付自転車  (6)自転車類 (7)写真機類 (8)事務機器類  (9)機械工具類 (10)道具類 (11)皮革・ゴム製品類  (12)書籍 (13)金券類

2.古物営業とは


上記のような古物を売買し、もしくは交換し、または委託を受けて売買若しくは交換する営業を古物営業と言いますが、古物営業を行うには、古物営業法により都道府県公安委員会の許可を受ける必要があります。複数の都道府県に営業所がある場合には、都道府県ごとに許可が必要となります。
古物営業の具体例
リサイクルショップ、ブランド品・貴金属買取販売店、中古車販売店、古着屋、古本屋、古美術商、インターネットオークション等々

3.古物商とは


古物営業を営むために、公安委員会から許可を受けた者を「古物商」とよびます。
許可が必要な場合、不要な場合
許可が必要な場合
・古物を買い取って売る
・古物を買い取って修理等をして売る
・古物を別の物と交換する
・古物を買取らず、売った後に手数料を貰う(委託販売)
・上記内容をネット上で行う
許可が不要な場合
・自分の古物を売る(フリーマーケットへの出品等)
・自分の古物をオークションサイトに出す
・誰でも利用できるフリーマーケットを主催する
その他の許可が必要となる場合
・古物商間で古物の売買・交換のための市場を主催する場合
→古物市場主(いちばぬし)許可が必要です。
・インターネットオークションサイトを運営する場合
→古物競りあっせん業の届出は必要です。

許可の要件

古物商の許可を受けるためには、建設業許可や宅建業免許等のように特別な資格や要件は必要とされていません。このように、古物商許可は原則として誰でも受けることができますが、以下の欠格要件に該当する場合には許可を受けることができません。

①成年被後見人若しくは被保佐人又は破産者で復権を得ないもの
②禁錮以上の刑に処せられ、又は一定の犯罪(背任、遺失物横領、盗品等に関する罪)により罰金の刑に処せられて、その執行を終わり、又は執行を受けることのなくなった日から起算して5年を経過しない者
③住居の定まらない者
④古物営業の許可を取り消されて5年を経過しない者
⑤営業に関して成年者と同一の能力を有しない未成年者
⑥法人の役員、法定代理人が上記①から④までに掲げる事項に該当するとき
 
【建設業許可関連】 建設業許可について 建設業許可のメリット,デメリット
建設業許可申請に必要な書類 建設業許可申請の流れ 建設業許可申請の料金
【宅地建物取引業免許】 宅建業免許について 宅建業免許申請に必要な書類
宅建業免許申請の流れ 宅建業免許申請の料金  
【飲食店営業許可】 飲食店営業許可について 飲食店営業許可の流れと必要書類
飲食店営業許可の料金    
【古物商許可】 古物商許可について 古物商許可の流れと必要書類
古物商許可の料金    
【各許認可共通】 許認可案内トップページ Q&A
トピックス    
 
 
お問い合わせ お気軽にお問い合わせください。


相続・遺言 | 債務整理 | 成年後見 | 高齢者・障害者の方の財産管理 | 各種契約書作成 | 内容証明 | 債権回収 |
不動産登記 |(根)抵当権抹消等 | 会社設立 | 許認可申請 |
 
Copyright (C) 2011 司法書士法人山口事務所. All Rights Reserved.
法律事務所(弁護士)・司法書士のホームページ制作