八王子・日野・立川で登記業務,相続,債務整理,自己破産,過払いなど司法書士をお捜しならどんな事でもご相談ください。
司法書士 司法書士法人山口事務所
トップページ 弁護士との違い 報酬一覧 事務所案内 お問い合わせの前に お問い合わせ
内容証明・債権の保全・裁判業務
 
無料相談会実施中
個人法務メニュー
内容証明・債権の保全・裁判業務メニュー
不動産法務・登記メニュー
会社設立・起業支援メニュー
会社の登記・企業法務
社団法人・財団法人,NPO法人について
不動産業者さまへ
銀行,信託銀行さまへ
会計士・税理士事務所さまへ
高齢者福祉施設さまへ
自動車販売店さまへ
求人情報
セミナー講習会のお知らせ
インタビュー動画
携帯サイトQRコード
 
 

滞納家賃・売掛金・貸金等の債権回収について

「もう半年近く家賃の入金がない」(家賃の滞納)、「取引先に販売した商品の売掛金の回収が滞っている」(売掛金の滞納)、「知人に貸したお金が全く返ってこない」(貸金の滞納)等といったことでお悩みの方は数多くいらっしゃると思います。

しかし、自分では回収することは難しいだろうし、かと言って債権回収の専門家に頼むのも気が進まないとして、債権回収を半ば諦めてはいないでしょうか。
確かに、ご自身で債権を回収できるに越したことはありませんが、現実問題として、債権の回収には様々な法的手段があり、債権回収の経験のない方がこういった手段を使いこなすのは難しいでしょう。実際、回収手続に時間と労力ばかり掛けた結果、結局空振りに終わりどうしようもなくなって当事務所へご相談に見える方も多くいらっしゃいます。

もっとも、ご相談に見えた時には、債務者との関係がこじれて裁判手続等を利用した強制手続でなければ債権回収ができないような状況になっていたり、債務者の経済状況がさらに悪化していて債権回収が極めて困難になっていることが多いのもまた事実です。債権の回収は早期着手が肝心なのです。
さらに、債権には消滅時効といって一定の期間で権利が消滅してしまう制度がありますので、回収の方法を探っているうちに時効期間が満了し、権利が消滅してしまうという危険性もあります。当面、債権の回収が無理そうな場合には、債権を時効により失わないためには時効の進行を中断させる必要があります。時効により消滅してしまう時効期間は債権の種類によって異なることにも注意する必要があります。

このように、一口に債権回収といっても相手方との関係の問題や、諸々の法律的な問題に配慮しながら回収に努めなければならず、法的知識や経験がないと思うような結果は出せません。未回収の債権の問題で悩みの方は、まずは債権回収の専門家集団である当事務所へご相談してみませんか。債権というあなたの大切な財産を確保するサポートをさせていただきます。早い決断が結果を大きく左右します。

 
【関連ページ】 債権回収の主な業務 債権回収業務について
債権回収の様々な手段 債権回収に関する料金 当事務所の心構え
Q&A トピックス  
 
お問い合わせ お気軽にお問い合わせください。


相続・遺言 | 債務整理 | 成年後見 | 高齢者・障害者の方の財産管理 | 各種契約書作成 | 内容証明 | 債権回収 |
不動産登記 |(根)抵当権抹消等 | 会社設立 | 許認可申請 |
 
Copyright (C) 2011 司法書士法人山口事務所. All Rights Reserved.
法律事務所(弁護士)・司法書士のホームページ制作