八王子・日野・立川で登記業務,相続,債務整理,自己破産,過払いなど司法書士をお捜しならどんな事でもご相談ください。
司法書士 司法書士法人山口事務所
トップページ 弁護士との違い 報酬一覧 事務所案内 お問い合わせの前に お問い合わせ
個人法務
 
無料相談会実施中
個人法務メニュー
内容証明・債権の保全・裁判業務メニュー
不動産法務・登記メニュー
会社設立・起業支援メニュー
会社の登記・企業法務
社団法人・財団法人,NPO法人について
不動産業者さまへ
銀行,信託銀行さまへ
会計士・税理士事務所さまへ
高齢者福祉施設さまへ
自動車販売店さまへ
求人情報
セミナー講習会のお知らせ
インタビュー動画
携帯サイトQRコード
 
 

信託を利用した財産管理スキーム(仕組み)作成の流れ

1.ご相談・方針の決定

当事務所までお越しいただき、ご本人の心身の状況や財産状況、財産管理スキームを利用する背景事情等につき詳細な聞き取り調査をさせていただきます。その調査結果を踏まえ、後見制度を利用するのか、信託は契約による信託にするのか遺言による信託にするのか等の様々な財産管理スキームをご提案させていただきます。
そのスキームにかかる費用・手間等を勘案していただき、どういった財産管理を行うか決定していただきます。

2.文案作成・必要書類の準備

財産管理の内容が確定した段階で、信託契約書または遺言書の文案を作成します

3.公証人との事前の打合せ・日時調整

作成した信託契約書または遺言書の文案の内容でご了解いただければ、次に公証人役場に事前に資料を提供して、公証人の先生とその内容につき事前に打合せをいたします。そこで、文言の表記を変更する等の微調整をして内容が確定しましたら、公証人役場での遺言作成の日時の予約を入れます。

4.公正証書遺言作成

予約した日時に公証人役場で公正証書による信託契約書または遺言書を作成します。

5.不動産の信託登記・信託財産の管理

信託契約による場合、信託財産として管理するために不動産の名義書き換えや預貯金、有価証券等の分別管理を開始します。
【対応例別の目次】 任意後見制度 財産管理契約
法定後見制度 遺言書の作成 死後事務委任契約
商事信託 福祉信託(民事信託)  
 
【関連ページ】 財産管理業務について よくあるお悩みとその対応例
財産管理スキーム作成の流れ 財産管理に関する料金 当事務所の心構え
Q&A トピックス  
 


 
お問い合わせ お気軽にお問い合わせください。


相続・遺言 | 債務整理 | 成年後見 | 高齢者・障害者の方の財産管理 | 各種契約書作成 | 内容証明 | 債権回収 |
不動産登記 |(根)抵当権抹消等 | 会社設立 | 許認可申請 |
 
Copyright (C) 2011 司法書士法人山口事務所. All Rights Reserved.
法律事務所(弁護士)・司法書士のホームページ制作