八王子・日野・立川で登記業務,相続,債務整理,自己破産,過払いなど司法書士をお捜しならどんな事でもご相談ください。
司法書士 司法書士法人山口事務所
トップページ 弁護士との違い 報酬一覧 事務所案内 お問い合わせの前に お問い合わせ
個人法務
 
無料相談会実施中
個人法務メニュー
内容証明・債権の保全・裁判業務メニュー
不動産法務・登記メニュー
会社設立・起業支援メニュー
会社の登記・企業法務
社団法人・財団法人,NPO法人について
不動産業者さまへ
銀行,信託銀行さまへ
会計士・税理士事務所さまへ
高齢者福祉施設さまへ
自動車販売店さまへ
求人情報
セミナー講習会のお知らせ
インタビュー動画
携帯サイトQRコード
 
 

高齢者・障害者の方の財産管理について

現在、わが国では、少子高齢化社会に歯止めがかからず、核家族化など家族形態の変化により、多数の高齢者が単独で生活せざるを得ない事態が生じています。

こういった高齢者を取り巻く環境の中で、高齢者を狙った悪質な犯罪やトラブルが多発しています。「住宅リフォーム詐欺」等の高齢者をターゲットにした悪徳商法が後を絶たず、また、親族や近隣の関係者が、判断能力の低下に乗じて高齢者の財産を使い込んだり、勝手に処分してしまう事例もあります。この問題は高齢者の方だけでなく、知的障害者、精神障害者の方々にも同様に及ぶ可能性があります。

このような状況の下で、社会的な弱者である高齢者が自らの意思を貫き、自らの判断能力が低下した後、犯罪の被害にあったり、自分の財産や死亡した後の遺産をめぐる親族間の無用な紛争が発生することを可能な限り回避するためには、自らの判断能力がしっかりしているうちに必要な手立てを講じておくことが大切です。

また、子供が障害者である場合には、親亡き後、その子供が遺される場合の財産管理や身上監護をどうするかは、ご家族にとって大変切実な問題でしょう。この問題は「親亡き後問題」と呼ばれています。この場合には、親が元気に生きているうちに、どのような対策をとって、その日に備えるかということが重要となります
 
【対応例別の目次】 任意後見制度 財産管理契約
法定後見制度 遺言書の作成 死後事務委任契約
商事信託 福祉信託(民事信託)  
 
【関連ページ】 財産管理業務について よくあるお悩みとその対応例
財産管理スキーム作成の流れ 財産管理に関する料金 当事務所の心構え
Q&A トピックス  
 
 
 
 
お問い合わせ お気軽にお問い合わせください。


相続・遺言 | 債務整理 | 成年後見 | 高齢者・障害者の方の財産管理 | 各種契約書作成 | 内容証明 | 債権回収 |
不動産登記 |(根)抵当権抹消等 | 会社設立 | 許認可申請 |
 
Copyright (C) 2011 司法書士法人山口事務所. All Rights Reserved.
法律事務所(弁護士)・司法書士のホームページ制作