家族信託

家族信託について

家族信託について

家族信託とは、資産を持つ方が自分の老後や介護等に必要な資金の管理・給付を行う際、保有する不動産や預貯金などを信頼できる家族に託し管理・処分を任せる、家族による家族のための資産管理のことです。

家族信託は「柔軟性を欠きかつ家族の負担も大きいとされる成年後見」や「抵抗感のある遺言」に代わり、円満な資産管理・承継を実現することができるという、これまでにはなかった新しい仕組みです。そのため、家族信託は認知症対策や相続対策として近年大きな注目を集めています。

一方で、家族信託はまだ歴史の浅い制度であるため(2007年の信託法改正により現在の家族信託制度がスタートしました)、その内容や手続に関してはまだまだ理解が進んでいるとは言えません。また、家族信託の設計には高度な法務・税務知識が必要となることから、実際に取り扱うことができる専門家が極めて少ないというのが現状です。

家族信託は、世代を超えてこの先何十年も機能させることができる仕組みです。そのため、家族信託の活用にあたっては、正しい知識を理解したうえで適切な設計を行うことが求められるのです。

当事務所には、経験豊富な家族信託の専門家が多数在籍しております。これまでにいただいた多くのご相談事例をもとに、お客様のご要望に応じた最適な家族信託の設計・活用を行ってまいります。一人でも多くの方へ、安心で円満な資産管理・承継のお手伝いをさせていただければ幸いです。