借用書等の各種契約書作成

各種契約書作成について

各種契約書作成について

契約書には、権利の保全や後の紛争の防止のために個々の契約の事案に則した内容を漏れなく記載する必要があります。

しかし実際には、後にトラブルになってから、もっとしっかり契約書を作っておけば良かったなどといって、どうにか今からでもリカバリーできないかと相談に見える方が非常に多いのが現状です。

お金の貸し借り(「金銭消費貸借契約」と言います。)の際の借用書であったり、身内の間での贈与契約書などは、その契約書を作る時点では契約当事者の関係は良好なことが多いでしょうから、どうしても将来の紛争を本気でイメージして作ることが難しいと思います。例えば、お金を貸すのに本当は保証人を付けたいのに友人であるからそこまで要求できないとか、贈与を受ける立場だからあまり契約書のことで細かいことまで要求できない、というような事情もあるのでしょう。

しかし、だからと言って詰めの甘い契約書を作ったのでは、後にトラブルとなった場合に強い味方にはなってくれません。

他方で、その契約に固有の特殊な部分にまで考慮した契約書を作成しておけば、トラブル時に強力な証拠となるばかりか、そもそもトラブルとなることを事前に防いでくれるのです。

もちろん、市販されている契約書の書式をそのまま使えば十分な場合もあるでしょう。しかし、権利法律問題に詳しくない方が、一般的な契約書の書式で十分か否かを判断することは難しいですし、極めて危険です。

契約当事者それぞれに個性があるのと同じように、契約内容も似ているようで、一つ一つ違った側面があるものです。

当事務所では、個々の事案に則したオーダーメイドの契約書を作成し、あなたの大切な権利をしっかりとお守りいたします。

各種契約書作成に関する主な業務内容

  • 各種契約書の文案作成・作成指導
  • 公正証書による契約書作成
  • 作成済みの契約書の内容チェック等

契約書作成に対する当事務所の心構え

心構え

民法上、原則として契約は当事者間の合意がありさえすれば有効に成立します。つまり、口頭(口約束)で合意に至れば、契約として完全な効力を生じるのです。

では、口約束だけでも成立するのになぜ、わざわざ契約書を作成するのでしょうか。それは、言うまでもなく、後のトラブルを避けるためです。口約束だけでは、当然後になって、「言った、言わない」といった問題が生じ得ます。そういった事態を避けるために契約成立時に契約書を作成しておくのが通常です。

しかし、当事務所にご相談に見える方が自ら作成したという契約書は、押し並べて穴だらけのものが多いのが実情です。そのような契約書では、権利の実現・保全が非常に難しくなってしまいます。契約書作成時に、法律家に依頼するという、幾ばくかの手間と費用を惜しんだために、後になってもっと大きなしっぺ返しを受けることになってしまったというケースを多数見てきました。トラブルになった時点で後悔しても後の祭りです。

このページをご覧になっていらっしゃる方の中には、実際、契約書の作成を専門家に依頼するかどうか迷われている方も多いのではないでしょうか。契約書によって保全される権利に比べれば、その作成にかかる手間と費用は微々たるものと言えます。

契約書作成で迷われている方は、是非当事務所にご相談下さい。契約の背景事情等の細部にまで考慮した、あなただけのフルオーダーメイドの契約書を作成し、ご自身の大切な権利をしっかりと保全しませんか。