不動産登記

不動産登記について

不動産登記について

不動産登記には、建物を新築した時に必要となる保存登記、不動産を購入した時等に必要となる所有権移転登記(「不動産所有権の名義変更」とも呼ばれます。)、所有権登記名義人の氏名等に変更が生じた場合等に必要となる登記名義人表示変更登記等があります。

これらの登記手続は司法書士に依頼せずに、ご自分で行うことも可能です。しかし、不動産登記手続は、不動産という非常に財産価値の高いものの権利関係を扱うことであり、また、登記手続の前提としての契約書の作成等も法律に精通されていない一般の方が行うことは、将来における紛争の予防という観点からはお勧めできません。

不動産登記手続をお考えの方は、是非当事務所にご相談下さい。お客様の大事な権利を登記制度を使って確実にお守りいたします。

不動産登記に対する当事務所の心構え

心構え

不動産の登記手続業務は司法書士のメイン業務です。不動産の権利に関する登記の申請代理を業として(「業として」とは対価を得て仕事として行うという意味です。)行うことができるのは司法書士以外には弁護士にも申請代理権が認められていますが、不動産登記と言えば司法書士がその道の第一人者であることは自他共に認めるところではないでしょうか。

一口に不動産の所有権移転登記(不動産の名義変更とも呼ばれますが。)といっても、登記に至る前段階の契約書の作成、チェックから始まり、不動産の処分後に発生しうる税金の問題まで、その不動産に関連するあらゆる問題を1つ1つしっかりとクリアしていかなければなりません。登記した結果、権利関係の問題は生じなくても、しばらく経った頃に考えてもいなかった税金の徴収を受けたというのではその登記は失敗と言えます。また、差押えの登記がなされている不動産を処分しようというような場合にも、多数の利害関係人の調整等、決して一筋縄でいく作業ではありません。

この点、当事務所は経験豊富な司法書士が多数在籍しており、信頼と実績がございます。
また、提携の税理士、土地家屋調査士等の各士業の先生方との連携も常時取っておりますので、不動産の処分にからむ税務や測量の問題等にもしっかりと対応させていただいております。
不動産に関する登記について司法書士をお探しでしたら、是非当事務所へご相談下さい。安心かつご納得いかれるサービスをご提供いたします。