(根)抵当権の抹消等

(根)抵当権設定・移転・変更・抹消について

(根)抵当権設定・移転・変更・抹消について

金融機関へのローンを返済しても抵当権(あるいは根抵当権)の抹消登記を行わないと、返済の手続は完全に終わったとはいえません。住宅ローンを完済したからといって、不動産に設定されている抵当権が自動的に抹消されるものではないからです。 

住宅ローンが終了すると金融機関等から抵当権抹消に関する必要書類一式を受け取られると思いますが、それだけではあなたの不動産には抵当権が付いたままであり、登記簿上は住宅ローンがまだ残っているかのような外観のままです。このままにしておくと、不動産を売却する時や新たに不動産を担保に融資を受けようとする時にこの抵当権が障害となってしまいます。

また、金融機関の合併等に伴う組織再編が盛んにおこなわれる今日においては、しばらくの間抵当権抹消用の書類を放置しておいた間に、抵当権を設定していた金融機関が吸収合併されるなどして、いざ抵当権を抹消しようとした場合に、余計な手間ひまがかかってしまうことがよくあります。

従って、住宅ローンを完済された際には、直ちに抵当権抹消手続をされることをお勧めいたします。
なお、抵当権抹消登記の申請を行う際によくある問題に、抵当権設定者の抵当権設定時(登記簿上の住所)と現在の住所が違うというものがあります。
この場合には、抵当権抹消の前提として、住所変更の登記が必要となりますので注意が必要です。

(根)抵当権設定・移転・変更・抹消に関する主な業務内容

  • (根)抵当権の設定
  • (根)抵当権の変更・移転
  • (根)抵当権の抹消
  • 休眠抵当権(古い抵当権)の抹消

(根)抵当権抹消に対する当事務所の心構え

心構え

抵当権(あるいは根抵当権)を抹消するということは、不動産という大事な財産に対する制限を取り除くことであり決して安易に捉えるべき手続ではありません。

当事務所では、担当制を採用しており、抵当権の抹消手続においても、最初の受任から最後の費用の清算・書類の引渡しまでの全工程を担当者が行います。もし、数人の担当が各部門ごとに流れ作業的に業務を進める体制とすると、大量の案件をこなせるようになることで、コストダウンが図れるかもしれません。
しかし、その一方で、どうしても情報の共有が難しくなり、結果として、書類の管理に不備が生じたり、依頼者の方に同じ質問を何度も繰り返す等の迷惑を掛けることになってしまいます。

当事務所では、抵当権抹消手続であっても、依頼者の方に安心感を持って仕事をお任せしていただきたく、1人の担当者が責任を持って最初から最後まで仕事を遂行致します。