借地・底地の問題

借地・底地の問題について

借地・底地の問題について

「借地権」とは、建物の所有を目的とする地上権または土地賃借権のことを言います(借地借家法第2条1号参照)。
すなわち、「第三者の土地を借り、その土地上に自己所有の建物を建てて、その土地・建物を使用する」ための権利が「借地権」であると言えます。そして、借地権の対象となる土地を「借地」と呼びます。

これに対して、「底地」とは、借地権が設定されている土地の総称です。もちろん借地権が設定されていても土地の所有権まで奪われるわけではありませんが、借地権という強力な権利が土地上に存在することによって、土地の所有者であっても、その土地を自由に使用することはできません。
ただし、場合により借地権付で売却することは可能です。

借地権には前述のように地上権または賃借権がありますが、この2つの権利は法的な効力に大きな違いがあります。地上権は登記をすれば地主の意思に関係なく、自由に地上権という権利を売却したり、地上権に抵当権を設定することで融資を受けたりという処分が可能ですが、賃借権は転売・転貸するためには原則として地主の承諾が必要で、承諾なしにかかる処分をした場合には、契約の解除や明渡し請求をされることもあります。

借地・底地の関係を規律する現在の法律は平成4年に施行された借地借家法ですが、それ以前の旧借地法の下で定められた借地関係は現在において更新等をしても新法の適用を受けることはなく、旧法下での借地関係はそのまま続くことになります。
そして、旧法下の借地権においては、借地人保護の見地より借地人に権利が過大に守られており、「土地を一旦貸すと返ってこない」といったイメージはこの旧法下での借地権の影響でしょう。
ご自身の借地、底地がいつの時点で締結された借地権契約に基づくものなのかによって適用される法律が変わり、その後の法律関係が異なってきますので注意が必要です。

地主様向けのサービス

  • 賃料(地代)回収サポート
  • 借地・借家の明渡し請求サポート
  • 賃料(地代)増額請求サポート
  • 底地(借地)の境界確定サポート

借地人様向けのサービス

  • 借地条件変更(主に借地上の建物の建替え)のサポート
  • 借地上建物の増改築許可のサポート
  • 借地権の譲渡(売買)・転貸許可のサポート
  • 借地非訟手続きのサポート

借地人様・地主様共通のサービス

  • 各種借地契約の締結サポート
  • 借地・底地の買取りサポート

借地・底地の問題に対する当事務所の心構え

心構え

借地や底地の問題においては、借地上の建物所有者(借地人)と底地の所有者(地主)は同一土地上におけるそれぞれの立場・権利があるため、利害の衝突する場面が多々生じます。
借地人・地主間での法律問題は、財産価値の高い不動産の問題でありますし、借地人から見れば生活の本拠の問題でもあるため一筋縄では行きません。

借地・底地の問題は不動産に関する問題の中でも特殊性が高く、これらの問題をスムーズに解決するためには十分な知識・経験が必要となります。
問題を解決するためには不動産業者や税理士、土地家屋調査士といった関係士業との連携も必要になるかもしれません。借地・底地でお悩みの方は、各士業間の密接なネットワークを有し、不動産の問題に精通した経験豊富な司法書士にご相談下さい。
借地・底地の問題は解決までに長い時間がかかることが多いですが、解決に至るまで懇切丁寧にサポートいたします。

場合によっては、借地権の譲渡・転貸等の問題に詳しい提携の不動産業者をご紹介することもできますし、借地面積を正確に把握したい、借地の境界を明確にしたいということであれば、提携の土地家屋調査士・測量士をご紹介致しますので、お気軽にご相談下さい。